2009年01月20日

vLiteでWindows 7をカスタマイズ その2

vLited Windows 7、今回はインストール編です。

DVDを焼くのがめんどくさかったので、
カスタマイズ完了後のWindows 7フォルダにあるsetup.exeを
Vista上で直接実行してみました。
(これの為に「マニュアルインストール」を残しておいた訳です)
setup.jpg

Windows 7のインストーラが起動します。
20090120_1.png

更新プログラムの取得と情報送信するかどうかを選択。
20090120_2.png

EULA(スクロールして一通り目を通したら「同意」にチェック)。
20090120_3.png

リパーティションはDVDブートからしかできません。
あらかじめパテ切っておきましょう。
追加のドライバは倉庫から選び放題(すでに統合してますがw
20090120_4.png

インストール中。。。
数回再起動後、全工程25分ほどでインストール完了。
20090120_5.png

Autounattend.xmlを編集したのに、トライアルキーや
タイムゾーン、ユーザー名の入力画面が出てしまいました。
特におかしなエラーは出ていません。初回起動時はAHCIの
ドライバがMS標準になっていましたが、統合したドライバを
自動で読み込み、再起動後はahcix86s.sysが適用されてました。

ページファイルとハイバネファイルを追い出した状態。
使用領域は3.71GBでした。
vLited7.jpg

WEIの評価はRADEON HD4830の3Dグラフィックが6.5、
WD Raptor WD360ADFD単発の転送速度が6.0でした。
perf.jpg

EVERESTのキャッシュ&メモリベンチ。
everestmem.png

あとは色々とインストールしてみて、不具合が出なければ
8/1までの常用環境としてVistaとデュアルブートでテストします。


posted by DH ◆OmegaWBPUI at 20:43| Comment(3) | TrackBack(0) | What is vLite ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Windows 7、何度か削ってDVDに焼くも、
インストール中にエラーが出て失敗してしまいます。
けずってはいけないものを削っているのかもしれません。
なかなか難しいですね。
Posted by りんごまど at 2009年05月21日 17:40
Windows 7からは「Windowsの機能の有効化または無効化」で
IEやWMP、メディアセンター、DVDメーカーなどの標準機能が
削除とか無効化とかできます。

nuhi氏は最近仕事が忙しく、当面VistaのSP2対応もWin7のサポートも
無理な状況らしいので、vLiteを使って無理に削らずに
インストール完了後「Windowsの機能の有効化または無効化」を
使用して調整するのが良いかもしれません。
Posted by DH at 2009年05月22日 19:14
日本語64bit版RCの方をvliteすると
IE8が壊れますね。
英語版は壊れないので、おそらく日本語64版特有の症状だと思います。
Posted by 7O at 2009年06月14日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。