2010年10月25日

Catalyst10.10インストールで画面がピンクに。

2chのRadeon友の会を見てる方は多分ご存知でしょうが、
Catalyst10.10(CCC 10.10)をインストールすると、
環境によっては画面がピンク色になることがあります。
ウチもプライマリだけなりましたw

多分、CCCの設定で普段からEDIDを使用するようにしていると
この症状は出ないのではないかと思います。
(インストールの前に旧ドライバのレジストリを消していると
症状が出るかもしれません。)

さて、この症状が出た場合の対処法ですが、

まずCCC詳細 →左上にあるグラフィックスのドロップダウン →
[デスクトップとディスプレイ]に進みます。
cat_1.png

下段の該当モニタアイコンを右クリック →[設定...]をクリック
cat_2.png

[色]タブを確認し、"色温度の制御"で温度を6500Kにします。
または右下の[デフォルト]ボタンを押してみて下さい。
cat_3.png
普段EDIDを使用する設定にしていて、チェックが外れている場合、
"EDIDを使用"にチェックを入れます。


色がおかしくなってこの設定を確認したら、温度が6600Kに
なっていましたが、この色温度6600Kじゃないだろ絶対。。。
 
ラベル:catalyst RADEON driver
posted by DH ◆OmegaWBPUI at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Driver News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック