2016年12月10日

Display Driver Uninstaller (DDU)の使用方法

こちらで紹介したDisplay Driver Uninstaller (DDU)の使い方。

 
2016/12/10 Updated.
※V17.0.4.0でGeForce Experience関連の機能追加がありました。
最新版の言語ファイルはこちらからzipファイルをDLして解凍後
\settings\Languages 内にある Japanese.xmlと置き換えてください。

※初回起動時の自動言語選択について
v16.0.0.1以降私の環境では起動時から日本語で立ち上がるようになりました。
システムロケールが日本語 ja-JPの環境なら、ちゃんと日本語で
起動するはずですが、問題のある方は連絡ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

DDUのダウンロードはこちらから

DDU_DL1.PNG
その時点での最新版がアナウンスされているので、
Display Driver Uninstaller (DDU) Vxx.x.x Released.
をクリックします。

DDU_DL2.PNG
詳細情報が確認できます。
Click here for Info and Downloadをクリックします。

DDU_DL3.PNG
この画面でOfficial Download Hereをクリックするとダウンロードが開始されます。

最近は無関係のダウンロードサイトにもDDUが置かれていることがありますが、
最新版でなかったり、安全でない可能性もありますので、
必ず公式からダウンロードしてください。
なにより作者さんのモチベーションがアップします。



ファイルは自己解凍 7-Zipファイルになっているので、
任意のフォルダーに格納してダブルクリックで解凍するなり、
手持ちのアーカイバを使って任意の場所に解凍してください。

※前もってドライバーのアンインストールを行う必要はありません。

DDU_exe.png
通常モードのままでDisplay Driver Uninstaller.exeを管理者として実行します。

info1.PNG
Display Driver Uninstaller (DDU)は非常に多くのレジストリを改編します。
DDUは自動的にシステム復元ポイントの作成を試みます。
(通常モードのみ)
最近のバージョンでは出なくなってますかね。

launchoption1.PNG
起動オプションのメッセージボックスが日本語で立ち上がります。
Windows 8/8.1/10 ユーザーへの重要な注意です。
PIN(4ケタの数字)がセーフモードで動作しないため、
パスワードを覚えていない場合続行せずすぐに終了してください!


起動オプションは
通常モード / セーフモード(推奨) / セーフモード(ネットワーク有効)
の3種類となっています。
推奨に従いセーフモードを選択したら、メッセージボックス下部左端の
[セーフモードで再起動]をクリックします。
メッセージボックス下部右端の[閉じる]はキャンセルボタンです。
こちらをクリックするとDDU本体の起動がキャンセルされます。

restorepoint.png
通常モードの場合、自動的にシステム復元ポイントの作成を試みます。
[セーフモードで再起動]を選択していればこの後自動的に再起動されます。

2015/12/1追記:一時期セーフモードで再起動後DDUが立ち上がらなくなっていた
ようですが、現在は直っています


DDU_Japanese.PNG
※英語以外の言語でアップデートの確認が動作しなかった問題は解消しました。
自動的に再起動されセーフモードで立ち上がります。
環境によってですが、もし日本語で起動しなかった場合
右下の 選択した言語 でプルダウンから Japanese を選択してください。

左上の赤で囲んだ オプション をクリックするとオプションが開きます。

DDU_Options.PNG
口GeForce Experience(GFE)を削除 というチェックボックスは、
nVidia GFE 経由で新しいドライバーを適用したい場合には
チェックを外しておくと良いでしょう。
口roaming フォルダーに設定ファイルを保存 というチェックボックスに
チェックを入れておくと、今回の設定が保存されますので、
次バージョンを利用するときに前回の設定をそのまま利用できます。
口パートナーからのお勧めを表示する というチェックボックスは
チェックを外しておくとメインウィンドウのお勧めリンクを非表示にできます。
口SetupAPI を使用する というチェックボックスは、
デバイスの削除にDDUDR (DEVCON) ではなく SetupAPI を使用するもので、
動作確認が済み v16.0.0.1 で正式実装されたため、現在は削除されています。

設定後 [閉じる]ボタンか×ボタン、またはEscキーで閉じてメインウィンドウに戻ります。

左上の青で囲んだ 拡張ログ をクリックすると拡張ログが開きます。

exlog.PNG
何か不具合があった場合、XML形式で保存されたログを添えて作者さんに連絡すると
原因切り分けの助けになります。

左上の黄で囲んだ 情報 からは「利用規約」と「DDUについて」、「翻訳者」が表示できます。

ToS.PNG
利用規約です。

about.PNG
DDUについて。

DDU_Japanese_N.PNG
GeForce Experience関連の追加機能です。
GFE /ドライバーのキャッシュ/ダウンロードされたインストールファイルを削除します。
これを選択した場合、ドライバー自体は削除されません。

DDU_Japanese2.PNG
ドライバーのアップデートは「削除して再起動」を選択します(強く推奨)。
新しいカードをインストールする場合は「削除してシャットダウン」を選択します。

1timemsg.png
削除のボタンを押すと1 time メッセージが表示されます。

「DDUの開発を支援するために、DDUのダウンロードは常に
ホームページ http://www.wagnardsoft.com/ から行ってください。
それはDDUの開発を継続する本当に大きな励みになります。
ホームページからのダウンロードに問題がある場合、
Guru3d のミラーをお気軽にご利用ください。」

メッセージ下部の[OK]ボタンを押すとアンインストールが開始されます。

ログウィンドウに進捗状況が表示され、完了すると自動的に
通常モードへの再起動やシャットダウンをしてくれます。

完了したら新しいドライバーのインストールや新しいカードのインストールを行ってください。

ログは \DDU vxx.x.x\DDU Logs内に保存されていますので確認してください。


現在 (v15.4.1.1以降) はアンチウィルスソフトの誤検出を
回避するように作成されているとの事ですが、
万一アンチウィルスソフトの影響で問題が起きる場合は、
アンチウィルスソフトを一時的に無効にする、もしくは
DDUをアンチウィルスソフトのホワイトリストに入れる、
という方法で回避してください。無効にする際はLANから
切断してスタンドアロンにするのをお忘れなく。
 
posted by DH ◆OmegaWBPUI at 12:34| Comment(9) | TrackBack(2) | Driver News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先にこちらを読んで、スムーズに作業できました。
どうもありがとうございます。
Posted by 銀 at 2015年11月01日 22:40
お役に立てたようで何よりです。

いろんなところが頻繁に変更されるので、
気が付いた時にこまめにアップデートできればと思ってます。
Posted by DH at 2015年11月06日 21:33
DDU v16.1.0.0がリリースされています。
日本語化パッチの作成をよろしくお願いします。
Posted by AB at 2016年07月19日 21:17
>>ABさん
7/22現在はv16.1.0.1ですが、2016/6/10版から変更ありません。
そのまま同梱版でお使いください。

項目が増えたり大きな変更があった時は、ここに最新版をUPします。
Posted by DH at 2016年07月22日 19:41
質問させていただきます。

当方、radeon rx480を使用しています。
radeon software crimson editionのradeon settingsでグローバルwattmanを開こうとすると頻繁に動作が停止してしまう為、このソフトを使用しようと思っています。
オプションのAMD固有オプションは、全てにチェックマークをして削除するべきなのでしょうか?
それともこちらに掲載されてある通りに設定すべきですか?
Posted by negitoro at 2016年08月23日 00:24
>>negitoroさん

C:\AMDには現在のドライバー(今まで削除していなければ過去のものも)が
格納されていますので、再インストールやロールバックなら削除せずに
再利用した方が良いと思います。新バージョンを入れるなら削除してもOKです。

AMD Audio Bus はHDMIオーディオ用のフィルタードライバーです。削除してもOKです。

AMDKMPFD ドライバー/フィルターはAMD チップセットのフィルタードライバーです。
Intelチップならそもそも無関係、AMDチップなら念のためシステムの復元ポイントを
作成したうえで削除してもOKです。

AMD Crimson Shader Cache フォルダーは削除してもOKです。


グローバルwattmanの不具合は結構見かけますね。
ドライバー自体の問題な気がしますので、地道に報告するのが吉かと。
あとはバージョンアップで改善されることに期待しましょう。
ちなみにGuru of 3DのDDUフォーラムでは今のところ話題になっていませんでした。
Posted by DH at 2016年08月26日 06:23
追記です。
上のレスですが、wattmanの不具合は環境によって起きる人も起きない人もいるようですので、
まずはDDUの使用など、改善のためにできることを試してみるのは良い事だと思います。


あと、v17.0.0.0で、英語以外の言語でアップデートチェックが進まない問題がfixされました。
時間のある時にこのガイドもアップデートしたいと思います。

Posted by DH at 2016年08月26日 22:54
返信ありがとうございます。

AMDKMPFD ドライバー/フィルターについてですが、これはAMDのCPUを使用している場合のみチェックを入れるという認識でよろしいのでしょうか?
無知で申し訳ありません。

wattmanの件ですが、driverfusionというドライバ削除ソフトを使いradeon software crimson editionの16.6.2 16.7.1 16.7.2 16.7.3 16.8.1 16.8.2全て入れ直しましたがwattmanの不具合が改善されずでした^^;
driverfusionの無料版だとドライバの全てが削除されずに少し残ってしまうとの情報もあったので...


個人的にはwindows10も非常に不安定なのでこちらにも問題があるような気がします。
Posted by negitoro at 2016年08月26日 23:48
遅くなりました。
>MDのCPUを使用している場合のみチェック
現在はほぼAMDチップしかないのでその認識で構いません。
ドライバーのバージョンによってamdkmpfd.sysが含まれないものもあるようで、
そのためのバックアップではないかと思います。
Posted by DH at 2016年08月30日 06:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392716729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

3連ファンと大型ヒートシンクで冷却特化した GIGABYTE(ギガバイト) のバックプレート付き GeForce GTX 970 を購入しました
Excerpt: 今までメイン PC で使用していたビデオカード ZOTAC GeForce GTX 570 ZT-50203-10M ですが、新作 3D ゲームをプレイするのに性能不足を感じるようになったので、新しい..
Weblog: awgs Foundry
Tracked: 2016-03-11 01:42

グラフィックスドライバ アンインストールソフト Display Driver Uninstaller (DDU) を使って NVIDIA GeForce ドライバを完全削除してみました
Excerpt: 前回の記事 で GeForce GTX 570 から GeForce GTX 970 GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD のビデオカードに無事換装することができました。 ..
Weblog: awgs Foundry
Tracked: 2016-03-16 09:10