2006年11月19日

nLiteでnF4のnVRAIDドライバを統合する

nLiteを使用してnF4のnVRAIDドライバを統合する方法。

なんか、上手くいかない人が結構いるようなので、
MSFN Forumsの記事から意訳・抜粋。
※2006/11/19大幅に加筆・修正

※重要
・M/BのBIOSはRaid Bios v. 4.84以上を含むものである事。
・ACPIをBIOSで有効(enabled)にしておく事。※nLiteの設定で無効にしない事。
・安定したシステム(OCは中止し、安定したBIOS設定に。信頼できるメモリ)


Tips:
・BIOS画面でnVRaid BIOSのバージョンを確認できます。
 nVRaid BIOSがv.4.84より古い場合、M/BのBIOSをアップデートして下さい。
 最新のnForce SataRaid driverで問題が起こる場合、
 SataRaid driver Version 6.53を使用して下さい。
・※Don't try to slipstream SP2 into an XP SP1 CD
 という注意書がありました。無印XPにSP2統合したものは大丈夫ですが、
 オリジナルSP1 CDにSP2統合の場合、nVRAIDドライバ統合で問題が起こる
 可能性がかなり高いようです。
・※インストールの際は、RAIDアレイ以外のドライブや
 ブート可能な外付デバイスは、一旦取り外してから行って下さい。

A:最新の方法
SATARAIDサブフォルダを必ずTextmodeドライバとして統合し、
それに加えSATA_IDEサブフォルダを通常 PNPドライバとして統合する。

1. 準備:
・nForce4チップセットドライバパッケージをDLしておく。
2006/11/19現在の最新版は
nForce4 AMD,nForce4 AMD/Intel X16:6.86_nforce_win2kxp_international_whql
nForce4 430/410:8.26_nforce_winxp_international
他のチップセットはこちらから探して下さい。

・DLしたドライバパックをアーカイバで解凍する。

2. nLiteでの処理:
・nLite自体の使用法はこちらの日本語版Guideを参考にどうぞ。

・ドライバ統合セクションでnVRAIDドライバを統合します。
 6.86の場合、まず\IDE\WinXP\sataraid 内のnvraid.infを指定。
 このときモードは必ずTextmodeドライバを指定して下さい。
 次に\IDE\WinXP\sata_ide 内のnvata.infを指定。
 こちらは必ず通常 PNPドライバを指定して下さい。

B:従来のLEGACYサブフォルダを使用する方法

1. 準備:
・nForce4チップセットドライバパッケージをDLしておく。
nForce4 Ultra,AMD,AMD/Intel SLI,AMD/Intel X16:nForce4_x16_6.85_winxp2k_international
※上記チップセットとnForce 430/410で最新driver version 6.67を使用したい場合、
Vista 32bit用βがXPでも使用可能です。
※6.85パッケージはnF2、nF3、ほとんどのnF4に互換性があるそうです。

・DLしたドライバパックをアーカイバで解凍する。

2. nLiteでの処理:
・ドライバ統合セクションでnVRAIDドライバを統合します。
 6.85の場合、\IDE\WinXP\legacyサブフォルダをどこか別の場所にコピーし、
 \legacy 内のnvraid.infかnvatabus.infを指定。
 モードは必ずTextmodeドライバを指定して下さい。
 Vista 32bit用βの場合、解凍したパックから\IDE\driver\legacyサブフォルダ
 を、どこか別の場所にコピーして使用して下さい。
重要:nLite1.2以降を使用してLEGACYサブフォルダを統合する場合、
 解凍したドライバパックから取り出し、別の場所にコピーして使用して下さい。
 そのまま使用すると、nLiteがLEGACY以外にSATA_IDEサブフォルダを参照し、
 不要なファイルを統合してしまい、問題が起こるようです。
posted by DH ◆OmegaWBPUI at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | What is nLite ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はアダプテックのSCSI−RAIDで苦労しています。
ゴミになったCDの数知れず。
とりあえずWinXPを軽量化のみ行って、手動インストしてます。
Posted by 中田 at 2009年11月03日 09:26
>>中田さん
試してみた訳ではないのでアレですが、
1).infをTextmodeで統合する。
2)変更適用後i386内のtxtsetup.sifを開き、Adaptecの記述を確認。
無いor間違っていたらtxtsetup.oemの中身を見ながら書き加えて保存。
3)アレイを組んだ状態でインストール。
でどうでしょう。

RAIDカードの名称、ドライバDL先URL、前回の設定.ini、
統合されたRAIDドライバのファイル名全て、txtsetup.sif(該当部分のみでも可)を
セットでメール下されば、暇なときに調べて見ますが。。。
Posted by DH at 2009年11月03日 13:36
ご丁寧にご返事ありがとうございます。
今。せっせと見比べております。
txtsetup.oemには確かにtxt.oemやinfから書き込まれていますが、何が必要で何が抜けているのかが、良く分からんです。

と言う事でメアド探してます。
Posted by 中田 at 2009年11月03日 17:54
まいどです。
簡単なURL作っておきましたので、お暇な時にでも見てやってください。
よろしくお願いします。
Posted by 中田 at 2009年11月03日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック